MENU

今の学校教育に対して満足をしているか?

今の学校教育は明らかにおかしいとそう思わないだろうか?
まず日本は他の国よりも明らかに学校教育に対して甘すぎる部分が多い。
学校で勉強をするメリットも無く、お金を多く払うことができる環境であればほんの少し勉強をするだけで簡単に大学に進めることだってできるようになる。
ゆとり教育が始まってから、勉強に対する考え方自体がそもそも変わってきているのかも知れないが、ほかの国では先行投資として教育にお金を掛けているのに対し、日本は最下位であり、その結果、学生の就職難は解消されず、格差の問題なども出てきているのに対し何も問題を解決しようとも思うことができない現状なのである。
特に大学に対しては誰でも入れるような現状であるため、勉強自体の意識がどんどん低くなってきている。
学生生活の延長をしたいそのような思いで大学に入ってくる学生も少なくない。
大学の講義でも大勢ではもちろん緊張感も無く、偏差値が高い大学に入ったとしてもハイレベルな講義などを聴くことはできないだろう。
それに大してアメリカなどは少人数教育をし、学生の勉強を見てくれるチューター制度などもあり、リベラルアーツまであるのである。
ここまであればもちろん学生教育は飛躍的に上昇をしてくる訳であり、日本はかなり甘い結果となっている。
勉強を厳しくしていかなければ勉強をすることができないのは当たり前のことであり、外国では大学生の卒業できる人数も半分でいいところに対して日本は勉強をしなくても卒業をしてしまうことができる現状である。
このままではどんどん日本人の学力は衰退をしていくことになるだろう。
となれば優秀な人達もどんどん減ることに繋がるためこれからの日本の技術的進歩にも深く影響をしてくる部分でもあるのである。
つまり勉強は厳しくしていかなければならないのである。

 

学生