MENU

目標を決めて実行をする

英語を勉強することによって最も恐ろしいことは英語を途中で辞めてしまうことである。
英語の勉強が上手く行かなかった人の殆どが英語を諦めてしまう人が多いからである。
日本人は英語にそもそも向いていないことも充分な理由として考えられることでもあるのだが、英語ができるようになりたいと思う以上そのような理屈を言っていてもしょうがないのである。
英語が少しでもできるようになりたいと思うのであればしっかりとした目標を決めることがとても大事になるのだ。
目標は大きければ大きい程いいと言われることがあるが、英語に置いては細かく決めて、英語が少しでもできるように努力ができるように達成のし易い目標を決めて取り組むことが大事だ。
大きな目標にしてしまうと達成するのにあまりにも時間が掛かってしまった場合集中力が切れ英語を嫌いになってしまい勉強をすること自体が難しい状態になってしまうことの方が多いからである。
そうならない為にもまずは達成しやすい目標にすれば達成をするたびに達成感を感じることが増えていくことになるためモチベーションの低下を大きく防ぐことができるようになる。
つまり持続して英語を勉強することができる状態を作りやすい状況にすることができるようになるため英語を好きになる確率が増えていくことになるのだ。
軌道に乗ることができるようになればこれからどんどん英語は上達をすることができるようになるだろう。
英語が得意になったと実感をすることができるようになればもっとこれからできるようになりたいと進んで思うことができるようになる。
英語をするのが習慣にすることができればあとは勉強をすることを増やしていくことだけを考えていけばいいのだ。